2015年11月23日月曜日

ローカ手すり造作。

大工さんは2人がローカの1F2Fに分かれて造作中でした。
1Fの大工さん、間柱という部材をカットしています。


2Fの大工さん、だいぶ手すりの形になっています。


もう一人の大工さんは、筋交い入れと金物の取り付けです。
しばらくすると、役所から検査員がきて中間検査というチェックを行います。この時、重要なのが耐力壁といわれている筋交いの位置と金物の取り付け状況です。


筋交い以外の金物も検査していただきます。
柱と筋交いを留めつけた金物です。


梁と梁を留めつけた羽子板ボルトです。
金物の形がお正月の羽子板に似ていることから、そう呼ばれています。

0 件のコメント:

コメントを投稿