2015年11月19日木曜日

筋交い、金物取り付け②。

どんどん筋交いが取り付けられていきます。
この建物は通常の住宅と比べて柱が長いので、柱と柱の間も間隔を取っています。そうしないと斜めの重要部材の筋交いの角度が浅くなってしまうからです。


収められると専用の金物でガッチリ固定していきます。
建築金物の進化は目覚ましいものがあります。耐震性向上には大切な工程です。

0 件のコメント:

コメントを投稿