2015年10月28日水曜日

基礎立ち上がりコンクリートの養生。

一夜明けて、昨日の躍動感とは打って変わって、静まり返っている現場です。


コンクリートが固まり強度が出てから型枠をはずします。



糸を引っ張って、アンカーボルトの位置を微調整しています。
寄り、高さ、傾きなどです。


こちらは耐力上重要な墨の柱位置、長いのがホールダウン金物、短いのがアンカーボルトになります。ホールダウンは柱と基礎、アンカーボルトは土台と基礎を緊結します。

0 件のコメント:

コメントを投稿