2016年1月12日火曜日

ピットルームの断熱材。

ピットルームは、床下部分と土台から上の空間と両方合わせて、天井高1m40cmを確保します。建物の外周は重要な断熱層です。
壁には断熱材が充填されますが、床下の基礎の部分はどうなるのでしょう。
このように基礎の立ち上がり部分にはスタイロフォームという断熱材が貼られます。


さらに、このように造作が進んでいきます。
ここはクローゼットの下の空間ですが、床面積に制限があるため壁で仕上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿