2015年9月10日木曜日

地盤調査。

地盤調査にかかりました。
表面波探査法という調査方法で地盤の硬軟を判断します。

 
車から機材を設置しています。
 
 
 
これは、起振機といいます。
地面を上下にゆすることで人工的に小さな地震を起こして、地面を伝わっていく波を測定します。


こちらは検出器です。
硬いときは波が早く伝わり、柔らかいときは波がゆっくり伝わっていきます。
 
決まった間隔をどのくらい時間をかけて表面波が伝わってくるかで測定できます。
速度=距離÷時間
 
 
後日、調査結果報告書が送られてきます。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿